一万三千八キロメートルの川

アイドルと映画とゲーム

20180218

 先週の三連休は色々な条件が重なって全オフという奇跡が起きたので、実家でぬくぬくと過ごした。1日目は法事、2日目は母姉とスパ銭&全員で炭火焼き鳥のコースを食べるなど。3日目はアパートに戻る予定だったけど急遽姉とフェリーで横須賀へ。いい連休だった。今後数カ月は絶対にこんなことない。絶対に。

 

 で、今週は何してるかっていうと土日とも出勤。別にそれはいい。なんなら平日サボッてる分を一気に取り戻してるだけだから。そんなことより、今日は先輩から聞いた話がちょっとグサグサ来てる。要約すると、「うちの職場は前に比べて人も変わったから笑顔が増えて雰囲気良くなった、他にこんな職場ない」ってだけなんだけど…午前中に別の先輩にも「他だとこうはいかないからね」って言われ、こうも強調されるとなんだか自分が新卒でいい職場に来て温室でぬくぬく育っているのを良く思われていないような気がしてきた。ここまでうちはいい、やりやすい、って話を聞けば聞くほど今後バチが当たるんじゃないか…と思ってしまう。(常に最悪を想定する女)しかも、そんな職場でまあまあなミスを連発してる私、ヤバくないか?

そんなことを先輩に言ったら「まあ今後キツいとこに行く可能性もあるし、今は今でいいんだよ」とのこと。う〜〜〜ん…百理ある。「そうですね。まあでも私楽観的なのでなんとかなるかもしれないです。寝たら忘れるし」とかなんとか言って、笑って話は終わった。が、退勤中の車の中で思い出した。自分が卒制の講評前一週間固形物が食べられなくなるほど精神的に病んだ事とか、就活と勉強と制作で悩みすぎて大学のカウンセリング行った事とか。

 え〜待って待って…私全ッッッ然強くねえ!!!!!!!講評で何回泣いたことか!どうでも良い事で何回深夜に飛び起きて泣いたことか!どこが楽観的だよそんなラフな人間じゃないよ。常に最悪を想定して生きてるよ。365日中、150日は下痢だよ。未だに大勢の前に立つと心臓がバクバクするよ。大きなイベントの前は頭痛出るよ。ひどい生理痛持ちだよ。もう段々関係なくなってきた。

いや〜本当、なんて適当な事を言ってしまったんだろう。適当・マイペースが私の持ち味でもあるけど、反面不安症みたいな部分もあって、特に生理前がそういうこと多いから命の母A飲んでた時期もあるというのに。(母親から、なんで更年期?とか言われながら)

 

 

 結局帰宅した後も悶々と考えてしまって、もしかして私転勤したら続かないんじゃ?なんてどうしようもない先のことばかり考えて、いやそうなる前にまずは自分がどんな人間かもう一度考え直そう、ってなったのが夕方。大学の時の3年日記を引っ張り出して読み始めたのが6時くらい。改めて読み返すと字がめちゃめちゃ汚くて読み辛いし、語彙力がなさすぎる。大体「〇時からバイト」「ワーイ!」「疲れた」の単語が多い。他に書くことないのか?と思いつつも、熱量は凄い。一週間に予定がめちゃくちゃ詰まってる。もしかして、今よりこの頃の方が忙しいんじゃないの?

 例として挙げると、ちょうど去年の今頃。祖母が亡くなってすぐ通夜と告別式の準備、告別式は5時起きで準備、その日の夜に東京戻って後輩とクラシックコンサート(もともとチケット取ってたから行かざるを得なかった)翌日は大学で展示の作品詰め込み&超特急で旅行準備、その翌日から卒業旅行。これだけでも忙しないのに、夜行で帰宅してアパートに着いてから即着替えて千葉に採用前面接に行っている。そしてその翌日は展示の搬入で都内に。そしてそして、その翌日はボランティアで埼玉に。…これ一応春休みの筈なんだけど読んでてこっちが疲れてくる。

大学で何してた?って聞かれて、何かなーと思うとサークルもやってなかったし大学とアパートとバイト先の往復以外に何も思い浮かばなかった。けど日記を読んで蘇るあの日々。工房のコンポでラジオ聴きながら製版したり、池の近くの喫煙所で煙草吸いながら駄弁ったり、学食でミートスパ食べながら鬱みたいな絵の話したり、アトリエで白飯炊いてみんなでなめこご飯食べたり、空き時間に芝生で昼寝したり、コンクールのオリエンで最後列でゲームしたり(同期はBLマンガ読んでた)、radikoバナナムーンGOLD聴きながら壁に向かって絵描いた卒制の日々とか、etc…あれ?私結構ハチクロ(青春)してたじゃん。これを青春と呼ぶかは人それぞれだけど。

 そんで、しばらくこの汚い字と詰まった予定と、楽しそうな文面を見て、蘇った思い出と共に大学4年間を振り返りながら徐々にメンタルを戻していった。本当に、本当に打たれ弱いけどすぐ戻れるのは私の良いところだと思う。駐車場とかにあるオレンジと白のポールみたいなメンタルでも、4年間毎日色んな事考えながら色んな場所行きながら、ちゃんと生きてた。講評でムカつくこと言われたり大したことないとか普通とか言われても、自分が納得いく作品作りたくて泣きながら制作してた。私、やればできる人間じゃん!多分!

 転勤はまだまだ先の話だし、大体転勤した先がヤバい環境とは限らないし、別のベクトルで日々嫌な事は勿論いくつもあるけど「この世界は捨てたもんじゃない」ですよね。(ここでアイドルネタを入れてくるオタクの鑑)よ〜し、仕事頑張ろっ。

 

余談だけどスパ銭の休憩室で読んだハチクロ全巻、BOOKOFFでセット買いした。「オトナ買いするぞ〜!」ってメッチャ意気込んでレジ持っていったら500円だった。余った金(?)で別の商業BLを買った。そんな連休でした。

ていうか、冷静に考えたらハチクロのモデルになった大学でハチクロみたいな青春はしたけど、ハチクロみたいな恋愛はしてない。ハチクロゲシュタルト崩壊してきた

 

 

そんなこんな、内容の無いどうでも良い事を打っていたら小平さんが金メダル。本番で記録残せるのってすげえな。本当におめでとうございます。私も(?)頑張ります。

 

 

広告を非表示にする

20180131

今週のお題「私のアイドル」

 

気付いたら前回の日記から半年以上経ってて、色々と環境が変わってて趣味や興味も増えた。就職してからクソ嫌な事も沢山あるけど、おとうさんおかあさん私はなんとか生きています。(月2くらいで実家帰ってるからここで言うほどでもない)

 

 私のアイドルといえば、まあ一昨年からハローを推し始めて昨年からVを推し始めた新規としてはこの2つなんですがとりわけ今一番キてるのはJuice=Juiceとつばき。

 JJは一番最初に知ったのは数年前にイジ抱きを聴いたときなんだけど、明確に「うわこのグループもしかして最高!」って思ったのはこの世界は〜を聴いた瞬間だろうな。それこそ一昨年、就活卒制でめちゃめちゃ堕ちてた頃、深夜に聴いて号泣して号泣して寝るみたいな日々を過ごしていた。どんなに辛くてもさゆきの突き抜ける高音で胸がスカッとして、謎にポジティブになる。アルバムを買ってからは背伸びが一番好きだ。つばきはドストレートに初恋サンライズでりさまるの「こんな気持ち、初めて…」で完全に恋した。(好きすぎてバイトの同期にループして見せたりハロヲタの友人に繰り返しモノマネやらせたりした)これもプチ鬱の時にテンションを平常まで持っていく効果がある。

 とかなんとか書いてるけど、一般的にアイドルの曲として想像される元気ハツラツ系は私の中ではなかなかヒットしない。私的ヒット曲を挙げると過去になんか辛いことでもあったの?とでも言いたくなるようなラインナップだ。(娘。は女の悲しみ三部作が一番好きですが当方8年以上恋愛をしていません)

 私は別にアイドルの曲を聴いて元気になりたいわけでもポジティブになりたいわけでもないのだ。私より全然若い女の子たちがステージでめちゃくちゃキマってる姿を見ると勝手に涙が出てくるし、40代のおじさんたちが超スマートに踊ってる姿を見ると「この時代に生きてて良かった」と涙が出てくるだけなのだ。そのきっかけになる曲は別に元気系だろうがバラード系だろうが統一感無くて、なんなら疲れた時はステーシーズの時の鞘師のキマグレ絶望アリガトウを聴いて、散々号泣した後「よっしゃ、明日もいっちょやるか!」って奮起する。謎。自分でも基準が良くわからない。だが要するに、プロにこんなこと言うのは変だけど「頑張ってるから私も頑張ろう」って思えるのが私にとってアイドルなんだろう。

 アイドルのみなさんありがとう。今年2◯歳になるのになんの成果も得ていない私ですが、大器晩成型と信じてコツコツ頑張っていこうと思います。今後ともよろしくお願いします。

 

 余談だが、プロレス好きの親友に連れて行かれた1.4東京ドームをきっかけに新日本プロレスにもハマってしまった。一週間後、気付いたら新日本プロレス公式サイトと新日本プロレスワールドにお金を落としていた。画像フォルダが内藤◯也氏でいっぱいになっていた。なぜ…なぜ私は…◯藤哲也氏に?つい先日まで「えりぽん」の登場率が高いツイートだったのに。

 そういえば、2年前くらいにジャンル別推しを9分割コラージュで比べてみるみたいな遊びが流行ったのを思い出す。私のコラージュを見た人は大抵統一感の無さと推し基準の分からなさを馬鹿にしてきた。「好きになったのが推しだったんだよ!」と熱く語っていたが、なんか未だに見返しても自分がどういう人間なのか良くわからないラインナップだった。

 

まぁでも、自分という人間は自分が一番良くわからないものだし、好きなもんは好きだし、どうでもいいか2018年!生きるぞーーーーーー!!!!!!!!!!!

 

広告を非表示にする

20170315

気付いたら普通に3月だった、キショい…

 

あと3週間くらいで出勤とかいう闇なんですけど、何故か1週間前くらいからV6にハマって2015のツアーDVDと写真と新曲買いました。半年前くらいからハローにズブズブハマッてずっと生田えりぽんを応援してたんだけど、既にハローより金使ってる。(ハローで使った金は℃-uteのシングルとえりぽんのアクキーだけ)

いやこれね、何故ってハローは公式チャンネルでMV投稿してるじゃないですか。いつでもどこでもスマホからPCからMVが見れんのよ。ちゃんと本人たちが歌ってる。でも○ャニーズは違うじゃん、最近知ったけどItunesストアにも無いんですってね。MVってどうやってみんの?って友人に聞いたらCD買うかカラオケ行くかじゃない?って言われて超ビビッた。冷静に考えたら私が情弱すぎるだけなような気がして来た。

なもんで、本人達が歌ってる映像見るならもう買うしか無い、買う、買うぞ、買うからな!買うか死ぬかどっちかだ!みたいな深夜テンションで買ったのが今月頭くらいで、そしてそのDVDを毎日擦り切れるくらいには見てるといった状況です。あと、ヒマさえあればカラオケ行って本人映像見ながら「歌わない」という遊びをしてた。もう金銭的に無理だけど。

 

やっぱ、MVって大事だなと思う。

つばきの初恋サンライズだってMV見ないで曲だけ聴くのとMV見るのとじゃあ全然違うと思うんだよ、だってあんなに小片リサが美しくてエロいなんて声だけじゃわからんじゃないですか。でやっぱ、V兄さんたちも曲だけじゃピンとこなかったけどMV見てウッッッッッッッッッッッッてなるのもあったんだよね、良かった、単純な女で。

 

曲の好き嫌いでいえば基本的には寺田信者なので①切ないメロディライン②歌詞がねちっこい③全体通して辛気臭い みたいな曲にすぐハマって、逆にハッピーの押しつけみたいな曲は全くハマらないタイプなんだけど、ま、MVが幸せそうだったら何でもいいよ…どうもありがとう。って思えるようになった。ありがとうVさん。とはいいつつもやっぱハロー関連で名曲だと思うのはいわゆる女の悲しみ三部作とかキマグレ絶望アリガトウとかなんだけど。

 

そんなこんなで、ヒマさえあればフォエバコンのDVD見て、一方でYoutubeでプラチナ期のMVをガン漁ってたりする。もう、究極にヒマな時なんかは(この前美術館で8時間座りっぱなしという苦行があった)Vの曲をどの娘。が歌うか、もしくは娘。の曲でVに歌ってほしい、トニセンに歌ってほしい、っていう妄想を延々としてた。ちなみに、その日は頭の中だけじゃ収まらなかったから貰ったパンフに全部書き込んでた。後で見返して引いた

だから今、割と日々が楽しい。曲を好きになれるとハマるまでが早いんだね。各アイドルに堕ちてから一年未満のドドド新規だけど、これからも生きることを頑張ろう(?)って思った。そろそろ引っ越すし、とりあえずレコーダー買って壁にポスターとか貼って情緒を安定させよう。

 

これ書くまでに実家の猫に邪魔されて大変だった…しかもコイツ私のピアス無くした。まだ見つかってない

 

広告を非表示にする

20161006

超絶今更だがFilmarksを始めてみた。あまり映画を積極的に見るわけではないので思い出し思い出しで登録するだけなんだけど、ハマったわ〜。ジ○リ系のアニメ映画はあまり入れてないのでまあ入れたら3ケタ行くけどそれにしてもあんま数見てなかったんだなあ。

友人に勧めたらあっという間に500迫っててビックリした。本物にも程が有る。

 

そんなのがあったもんだから、一昨日オーシャンズ13を見た。11,12見てから暫く経ってたから序盤関係性忘れてたけど段々思い出した。にしても今回の動機、心優しすぎじゃね?それだけルーベンの人徳が高かったんだなあ。

ベネディクトが出てくる時点でもう爆笑だったからどう足掻いても面白い。まあ面白いだけで後には何も残らないんだけどそれはそれで良いなあ、この映画らしくて。相変わらずダニーラスティーライナスの掛け合いが可愛かった。

 

そういえば、日曜は二回目怒って来た。いや〜〜〜〜なんか…原作読んだ後だとまた更に綾野剛の表情がクるな。墓の話のあたりなんか、最初の「別にいいけど」の時すっごい真剣な顔してるんだよね。その後冗談だよって言われた瞬間にああ…って笑うんだけどその顔がまた。切ないんだな〜。冗談だよっていうのが冗談だって分かった上で分かってるよって言ってんだろうね。

やっぱ、読んでから見ればそりゃあ初詣とか温泉とか墓の下見とか色々、ラストとか「見たかったなあ」って思うシーンあるよね。そりゃそうなんだけどね。映画は夏秋くらいの短い出来事に見えてしまうのがまた。だから墓参りまでは入れられなかったのかなーとか考えちゃうし。

映画版優直に冬を過ごしてほしかった……というのが本音。それはもう脳内で補完するしかねーな。

 

以上。

広告を非表示にする

20160930

手痛い〜。刷り過ぎで手首の靭帯傷めたらしい。そりゃあんだけ重いローラー毎日ゴロゴロしてたら痛くなるに決まってんじゃんな。

しばらく刷りはやめとこうと思ってたけどエスキースは上手く行かないし構図決まんないしムズムズして今日も二作刷った。スッキリした。そのかわり手はかなり痛かった。

 

そういえば、先週の日曜は桜新町と目黒に行ってみた。「怒り」の原作を読んでいてもたってもいられなくなって、聖地巡りというものをしてみようと思い立ってGO。

ロイホでハンバーグ食べてブラブラして、そのへんにあったBOOKOFF横道世之介を買った。用賀から目黒に行こうとしたら何回も乗り換え間違えてメッチャ時間かかった…。

目黒で、映画で直人がお弁当直してた坂に行った。思ってたよりキツくて「こりゃ心臓破りの坂だな」って思った瞬間に思いっきり不謹慎だな…と反省した。汗びっちょりだったので一人でカラオケに行ったら偶然姉が都内にいるというので、駅で合流して再び激坂へ。姉に上記の話をしたらちょっと笑ってた。写真撮って上まで登りきったら突然姉が「いやどうかんがえても上から来た方が楽じゃね?あの2人はばかなの?!」と大騒ぎし出した。いや…演出だろ…と思ったけど言わなかった。

 

その後は近くのイタリアンでパスタを食べて解散した。時間があったら新宿で最終の映画でも見ようかと思ったけど終電間に合うかわかんなくてやめた。各駅で横道読んで帰ったんだけど加藤ちゃんのウン十年後のエピソードが悲しくて1人で号泣してた。

いや正確には全然悲しくは無いんだけどなんだろうなーーー、どうしてゲイカップルの片割れを心臓の病気にさせたがるんだ。直人ーーー!!!みたいな。

 

あーーあ、やっぱ二回目見に行こうかなあ。

 

 

広告を非表示にする