一万三千八キロメートルの川

アイドルと映画とゲーム

20160505

今週のお題ゴールデンウィーク2016」

 

 

どうもこうもこのザマだよ!

2泊3日で実家に帰った。行きのバス、早めなら大丈夫だろうと12時の高速バスに乗ったら事故渋滞に巻き込まれて4時間かかった。アパート出てから6時間。そんなことあるかいな!私より二時間遅く出た姉のバスとほぼ同時に着いた。

 

その日の夜、酔った勢いでやっと両親に進路の事を話したら空気が氷点下まで下がった。言わなきゃ良かった…いやでも言って良かった 早めに言っといて良かった、後になって「実は大学院に行きたくて…」って言ってたらアラスカレベルだった。

とはいっても結論、作家になりたいなら院に行けば良いし(お金は出さないけど)、教師になりたいんだったら今年の試験落ちたら講師になれば良い、とのことだった。要するに、好きにしろとのこと。なんかもう、言葉が出なかったので普通に考えるのをやめました。やめます。とりあえず今のことだけ考えよう。

 

2日目の昨日は大風で、ビュッフェに行った後は姉の運転で本屋とホームセンターに行ったり軽くドライブした。帰りは私が運転。2時くらいに帰って来て後はひたすら本を読んだ。湊かなえ高校入試」、うーーん、個人的に春山先生の動機が薄いように感じる…。あっ、動機って言ってる時点でメッチャネタバレだなこれ。

初日に読んだ乃南アサ「死んでも忘れない」よりはマシだけど。これは正直、納得いかないうえに救われるまでが辛すぎるし、救われたっていう描写があんまりにも短い。

 

3日目の今日は午前中、特急の指定席を買いに隣市まで行ったら売り切れだった。その帰りに地元の道の駅で絵皿作りをちょっと。2年前もやったけど、場の空気に合わせてなんとなく配置変える自分が悲しい…。本当は全面にお花を貼りたかったのよ。お昼は父がペペロンチーノを作ってくれた。そのあと1時過ぎのバスに乗った。70分遅れで着いたけど、バスの中で東野圭吾「卒業」を読んでいたから時間はまったく気にならなかった。加賀シリーズは飽きない。東京着いてから姉と電車に乗り、途中で分かれて私は立川へ。バスの中で悶々と「大きいリュックが欲しい」と考えてたので、唐突ながら買いに行った。neweraのいい感じの大きさのがあったので衝動買い。まあよかろう…!これで明日から色んな物入れて大学いけるー。最高だ。

 

で、帰って来て昼寝から起きた所。もうちょっとこう、掃除とか買い出しとか行ってから昼寝しようと思ってたけどすっかりこんな時間になってしまった。願書書かねば。あと日記溜めすぎたから少しずつ戻さないと。

GW、何が良かったかってやっとPMDDから解放されたことだよね。初日は怪しかったけど昨日からまっっったく鬱気分が無い。ホルモンバランスってやだなーほんと、自分で自分がコントロールできなくなるのが一番怖い。

 

とにかく、講評は余裕あるから明後日病院に行って薬をもらってこよう。明日は買ったばかりのリュックしょって、朝から刷りましょう。がんばるぞ。

広告を非表示にする